早漏防止と射精後の脱力感回避、性欲回復を求めるならカドルリン

商品概要

カドルリン(Cadorlin)0.5の効果
基本的にはパーキンソン病や男性の早漏、女性の過多プロラクチン症による排卵障害、乳汁漏出症などの治療に使われるドパミンD2受容体刺激薬ですが、性欲を解消するプロラクチンの分泌を抑制する働きがあるので、早漏治療にも有効とされています。射精を遅らせ、射精後の脱力感を抑制し性欲回復効果が期待できます。
カドルリン(Cadorlin)0.5の成分
Cabergolin(カベルゴリン)0.5mg
カドルリン(Cadorlin)0.5の用法
■パーキンソン病の場合は最初の1週間は1日0.25mgずつ、2週目は1日0.5mgずつと、徐々に様子を見ながら増やしていく。1日の最高量は3mg。
■早漏対策の場合は通常0.25mgを4日間つづけることで性欲の増加があるとされています。
■乳汁漏出症,高プロラクチン血性排卵障害,高プロラクチン血性下垂体腺腫などの病気の場合は就寝前に1週間に1回の投与をし0.25mgから開始し、様子を見ながら徐々に増やしていく。1回の上限は1mg。
■産褥性乳汁分泌抑制の場合は1mgを胎児娩出後に1回のみ食後に経口投与 深刻な病状で医師の指導下にある場合を除き、1週間に0.25~0.5mgを2回以上服用してはならない。
カドルリン(Cadorlin)0.5の注意事項
・持病やアレルギーのある方、別の薬を投与している方は使用前に医師にご相談下さい。
・妊娠中・授乳中の方、また妊娠している可能性のある方は使用しないで下さい。
・心臓弁膜症など、心臓弁膜に異常のある方は使用できません
・服用後にめまい、吐き気、胸の痛みなど体に異常があわられた場合は医者へ診てもらうこと。
カドルリン(Cadorlin)0.5の副作用
カドルリンは他の早漏治療薬より副作用は少ないですが稀に、吐き気、めまい、立ちくらみ、血圧低下、動悸、顔のほてり等があります。
カドルリン(Cadorlin)0.5の製造国:メーカー
India:JONAKAYEM Pharma-Formulation